透明封筒の種類について

透明封筒の種類について

透明封筒は最近いろいろな目的に利用されていますが、透明封筒には大きく分ければ2つの種類があり、それはOPPとCPPとなります。


OPPとCPPは製造方法が違うことでそれぞれに異なった特徴があるので、それを知ってどちらを使用するか決めるようにしましょう。


OPPの特徴は、CPPに比べて透明度が高くて素材が硬い点です。


しかしCPPと比べると破けやすいという弱点があるので、注意して使用しなければいけません。


CPPの特徴は透明度はOPPよりも若干落ちますが、よく比べないと分からない程度です。


OPPに比べると破けにくく、傷もつきにくいところが大きな特徴です。価格的には大きさや厚さによって異なりますが、同じ大きさや厚さを選んだ時にはOPPの方が安価に設定されています。


透明封筒は破けやすいものの方が安いと思っておけばいいでしょう。


いかに開封率を上げるか

このように透明封筒にはOPPとCPPがありますが、透明封筒はダイレクトメールや商品カタログなどを郵送する時によく使われるようになっていて、透明封筒をそれらに利用されているのは、消費者に中身を見せるためです。


これまでのように紙の封筒を利用していると、中身が見えないため開封もされないで封筒に入れられたままゴミに捨てられてしまう確率が高くなっていましたが、紙封筒から透明封筒に代えると、開封率が上がり、そのままゴミに捨てられてしまう可能性が低くなったそうです。


開封率は売上に直接関係すると言われているので、いかに開封率を上げるかが、企業にとってはとても大事なことなのです。


 
コンテンツ