透明封筒を利用する企業が急増

透明封筒を利用する企業が急増

最近ではカタログやダイレクトメールなどを発送する際に透明封筒を利用する企業が急増していますが、透明封筒を利用するメリットは、何と言っても中身が見えるということです。


ほとんどの家庭には毎日複数の郵便物が届き、それを数日ためてしまうと相当な数量になると思います。またそれが会社などの組織になると一般家庭の比でないくらいの数の郵便物が届き、その中に含まれるダイレクトメールやカタログなどは面倒で開封しないという人も多いことだと思います。


最初から中身を見せる

特に紙の封筒に入って中身が見えないようなものだと、開封さえしないでゴミ箱直行というケースもよくあることです。


その点透明封筒を利用して最初から中身を見せると、興味のある場合は開封してもらえることになり、最初からチャンスを潰すことはなくなります。


これはカタログやダイレクトメールを送っている企業からすればとても重要なことで、開封率が数パーセント上がるだけで、実際に商品を購入する人の数も比例してアップすることになります。


水や汚れにも強い

また透明封筒にはいろいろなデザインを入れることもでき、郵送コストも安くできるということで多くのメリットがあり、今後は透明封筒を利用する企業はますます多くなると予想されています。


透明封筒の使い方はダイレクトメールやカタログを入れるだけではなく、透明封筒は水や汚れにも強いということで、商品を入れる袋としても幅広く利用されていて、たとえば本屋さんでは透明封筒に本を入れることで、商品を汚さずお客様に届けることができるようになります。


 
コンテンツ