透明封筒の特徴

透明封筒の特徴

ダイレクトメール用の封筒に最近多用されている透明封筒ですが、透明封筒には紙封筒と異なるたくさんの特徴があります。


透明封筒の最大の特徴とは、中身が見えるということです。


紙封筒の場合は中身が見えない分、現金や重要書類などを入れて歩く封筒としては向いていますが、ダイレクトメールや広告など、なるべく中身を見せたいという場合は透明封筒を利用するのがベストとなります。


中身に何が入っているかをすぐに知らせる

透明封筒はその名の通りに透明度が高く光沢に優れているため、中身に何が入っているかをすぐに知らせることができます。


またビニールのためコシがあり、引っ張り強度にも優れていて、厚手のカタログなどを入れても簡単には破けないようになっています。


また紙封筒よりも封入作業を効率よく行うことができるという点も透明封筒のメリットとなっています。


透明封筒のデメリットは、中身が直接見えてしまうところと、長く使用していないと透明度が落ちてしまうという点があるので、なるべく早めに使用するようにして、用途によって紙封筒と使い分けるようにしましょう。


特注品を作ることもできる

透明封筒にも紙封筒と同じようにいろいろな大きさのものが市販されていて、もちろん特注品を作ることもできるようになっています。


また透明封筒には色もデザインも施すことができるようになっていて、片面を透明にしてもう片面を透明でない色を付けることもできるようになっています。


また透明封筒は紙封筒よりも軽量だとういうことで、郵送コストを落とすこともできるようになっていて、透明封筒をダイレクトメールなどに利用することで、経費を削減することができるようになります。


 
コンテンツ